ネイル検定の合格率を上げるなら|ネイルスクールへ通おう

スクールで技能試験対策

時間内に仕上げるために

女性

ネイル検定試験では、筆記試験と技能試験とが行われます。筆記試験では、爪や皮膚の構造、衛生面での注意点といった基本的な内容が出題されます。そのため独学でも学習できますが、技能試験に関しては、スクールで講師から手取り足取り教えてもらった方が、効率良く学習できると言えます。そのためネイル検定試験の合格を希望する人のほとんどが、スクールに通っています。またスクールの中には、カリキュラムを修了させることで筆記試験が免除になるところもあります。より高い確率でネイル検定試験に合格できるようになるので、その点からスクール通いを選択する人も多くいます。スクールでは主に、ネイルケアやカラーリングについての技術を学ぶことになります。爪の表面が滑らかになるように、エメリーボードでまんべんなく磨いたり、両手の爪にカラーポリッシュをムラなく塗ったりといった具合です。どちらもネイル検定試験でチェックされる技術なので、制限時間内に美しく仕上げることが可能になるまで、訓練を繰り返すことが大事です。また受験する級数によっては、スカルプチュアにおける技術を高めておくことも必要となります。スカルプチュアとは、爪をアクリル樹脂などで補強したり長くしたりすることで、スクールではもちろんその対策も十分に行われます。受講時間は、スクールにもよりますが合計30〜50時間ということが一般的です。早ければ1ヶ月で受講を終えることができますが、通常は2〜3ヶ月かかるので、多くの人がネイル検定試験の日程を考慮しながら、早めに受講を申し込んでいます。

資格を保有しよう

爪

春夏秋冬と季節ごとに行われているネイル検定試験に、毎年たくさんの方が挑戦しています。ネイル検定試験に合格しているということは、ネイリストとして正しい知識と確かな技術を身に付けているという証明です。このことは、ネイリストとして働くときにとても重要なことで、大半の方は将来のキャリアのことを考えて受験をしています。ネイリスト検定の試験に合格をして資格を取得していると、就職の際に有利です。ネイルサロンではネイリストの検定資格を保有していることが、求人の応募条件になっているところもあります。自分の働きたいサロンの求人条件になっている場合もありますし、資格を持っていることで多くの求人に応募できるようになるでしょう。また、ネイリストとしてサロンで働く場合だけではなく、独立・開業する際にもネイリストの資格を持っているのと持っていないのとでは大きな差が出てきます。独立・開業する場合、自分でサロンを経営する方法と出張ネイリストとして活躍するという選択肢があります。いずれの場合も資格を保有し技術を持ち合わせているネイリストと証明することで、お客さんの信頼を勝ち取ることができます。この結果、サロンにお客さんが来店する可能性も高まりますし、出張ネイリストの場合も多くのお客さん依頼を期待できます。ネイル検定試験に合格していると独立・開業を成功に導くことも容易になるでしょう。このようにメリットの多いネイリストの資格です。ネイリストを目指している方は、ネイル検定試験合格をまず目標にしてみてはいかがでしょうか。

安心感にもつながる

ネイルアート

近年ではずっと高い人気を保っているのがネイリストという職業です。ネイルサロンへの就職や将来的な独立開業を考えて、仕事としてネイルと向き合っていこうとしている方も多いのではないでしょうか。そのような方にはネイル検定を受けることがとても大事になってきますが、それは一体なぜでしょう。もちろんネイル検定というものは国家資格ではないですし、ネイルサロンに就職したり自ら開業したりする場合もネイルに関する資格が絶対に必要というわけではありません。しかし多くのケースでネイリストはネイル検定を受けて資格を取得しています。その理由の一つは、やはり自身の技能に客観的な基準を与えることができるという点です。自らのネイリストとしての技術的な立ち位置をネイル検定によって明確化できれば、それからの進歩にも役に立ちます。独学ではなかなか客観的な評価を自らに下すのは難しくなる場合もあります。また有名なネイルサロンに就職すること考えると、多くのケースでネイル検定を取得していることが必要条件になっています。それにいきなり独立して開業すること場合でも、きちんとネイル検定を取得しておけば初めての利用者に対して安心感を与えることになります。もちろん趣味としてネイルを行っている方の中にも、今までの努力の証として取得することがあります。ネイル検定を受けるための勉強は独学はもちろん、通信講座を利用したり実際のネイルスクールに通学したりとたくさんの手段があります。ご自分のライフスタイルに合わせた選択をすれば良いのではないでしょうか。

スクールで技能試験対策

女性

ネイル検定試験に合格するために、多くの人がスクールに通っています。スクールでは、実技試験でチェックされるネイルケアやカラーリング、スカルプチュアなどの技術を高めることができるからです。さらに筆記試験が免除となることもあり、より合格しやすくなると言えます。受講期間は、2〜3ヶ月となることが一般的です。

もっと読む

忙しい方のスクール選び

マニキュア

名古屋には、都合の良い時間に受講できるフリータイム予約を採用しているネイルスクールが多数あります。週に1回好きな時間に受講することも可能なので、お仕事をされている方も子育て中の方も余裕をもって利用できます。

もっと読む

試験の申し込み内容を確認

ネイルチップ

ネイリストになるためには資格が必要ということはないですが、就職や集客のために取っておいた方が有利です。スクールに通っているならばスクールから案内は来ますが、個人で受けたいならば自分で情報を収集します。ネイル検定は、筆記試験と実技試験になり、実技試験のために用具一式とモデルを用意しておきます。

もっと読む