ネイル検定の合格率を上げるなら|ネイルスクールへ通おう

試験の申し込み内容を確認

資格がある方が有利

ネイルチップ

今は、ネイルを楽しむ女性が多く、プロのネイリストも増えてきています。ネイリストになるためには、特に資格は必要ありませんが、顧客からの信頼を得るためにもネイル検定を受けておくことが大切です。ネイリストの質を高めるために、民間企業がネイル検定を行っています。ネイル検定をしている企業は1つだけではないので、ネイル検定といっても複数あります。それぞれ、求められる知識や技術が異なっているので、ネイリストとして就職したいところがあるならば、どの資格が必要なのか事前に確認しておきます。独立したいのであれば1つだけでなく複数持っておくとアピール力が強くなります。ネイル検定も他の検定と同じく、行う日が決まっているので事前に調べておきます。級によって受験料も変わってきますし、受験資格も変わってきます。例えば、3級をとらないと2級が受けられないとなっているので、順々に検定を受けていく必要があります。ネイル検定を受験するためには、申込期間中に申し込みます。スクールに通っていればスクール側から受験の案内をしてくれることもありますが、個人で受けるのであれば情報を集めることが大切です。今はインターネットを通じて情報を集めることができるので、こまめに公式サイトを閲覧しておくといいです。申し込みをしたら受験票が送られてきますが、未着の場合は問い合わせ受付期間中に連絡します。試験は筆記試験と実技試験になります。筆記試験のために筆記用具を、実技試験のためにネイル用具一式を持参します。実技のために、モデルを用意しておく必要もあります。モデルは一般人で構いませんが、本番だけでなく練習や爪のケアにも付き合ってもらうことになるので、友人であっても謝礼を用意しておくことをおすすめします。

実技試験もある

女性

ネイル検定は、1級から3級までに分かれています。1級はトップレベルのネイリストとして働けるスキルを持っていることの証明になります。2級はネイリストとして働けるスキルを持っていることの証明で、3級はネイルの基礎的な知識を持っている証明になります。ネイル検定には、筆記試験だけではなく、実技試験もある特徴があります。実技試験では、試験官の前で実際にネイルのスキルを見せなければなりません。筆記試験はテキストを勉強することで対応できます。しかし、実技試験に合格するには、実際のネイルのスキルを身に付けておく必要があります。例えば、2級の実技試験では、メイルをした爪の仕上がりをチェックされます。実技試験のチェックの項目は多くあり、それを頭の中に入れて、実際の作業をしなければなりません。これは簡単なことではありませんが、学校のネイル検定のための授業を受ければ、本番の時に自分の実力を出せるようになります。ネイル検定に備えるための授業を行っている学校の数は多いです。そのような学校では、ネイル検定に合格してネイリストとして働いている人が、指導をしてくれます。ネイル検定の2級と3級は、その下の級に合格した人でなければ受けることができません。例えば、2級だったら3級に合格した人だけが受けることができます。3級は、義務教育を修了した人だったら、どんな人でも受験資格があります。試験は2級と3級は、年に2回行われています。1級は年に1回しか行われていません。全国の主要な都市で受験できます。

ネイルのプロになる道

ネイルアート

基本的にネイリストと名乗るためには国家資格などは必要ありませんが、やはりそれなりの専門的な技術を知識が必要であるために、ネイル検定に挑戦するケースも増えています。とくに人気が高いのはネイリスト技能検定試験で、このネイル検定は三級から一級まであり、レベルが高くなるにつれて難易度も高まります。またサロンへの就職や転職にはこのネイル検定の二級レベルが求められる傾向にあるため、プロのネイリストを目指すならばぜひとも取得したい資格として注目されています。そんなネイル検定ですが、資格を取得しておけば一番簡単なレベルの三級でも専門的な知識と技術の証明になり、三級をクリアするとその上の二級に挑戦することも可能となります。そして転職や就職の際に技術の証明やアピールポイントになることはもちろん、顧客にも安心感を与えるといったこともあり、独立の際にも肩書として役立つ場合もあります。もっともそんなネイル検定も、独学でも取得が不可能なわけではありませんが、やはりすべてを自分で決めて実行することになるので難易度が高いのが現実です。それゆえに専門のスクールや通信講座などを利用して勉強に励むといった方法が人気を集めており、こういった方法ならばサポート体制が整っているので、ネイルに関する知識や技術をより簡単に学んで取得することが可能です。さらには、専門的にネイル検定対策なども実施しているスクールや通信講座も存在しているため、検定試験の合格への近道としても認識され、ネイリストを目指す人たちからの熱い視線を集めています。

スクールで技能試験対策

女性

ネイル検定試験に合格するために、多くの人がスクールに通っています。スクールでは、実技試験でチェックされるネイルケアやカラーリング、スカルプチュアなどの技術を高めることができるからです。さらに筆記試験が免除となることもあり、より合格しやすくなると言えます。受講期間は、2〜3ヶ月となることが一般的です。

もっと読む

忙しい方のスクール選び

マニキュア

名古屋には、都合の良い時間に受講できるフリータイム予約を採用しているネイルスクールが多数あります。週に1回好きな時間に受講することも可能なので、お仕事をされている方も子育て中の方も余裕をもって利用できます。

もっと読む

試験の申し込み内容を確認

ネイルチップ

ネイリストになるためには資格が必要ということはないですが、就職や集客のために取っておいた方が有利です。スクールに通っているならばスクールから案内は来ますが、個人で受けたいならば自分で情報を収集します。ネイル検定は、筆記試験と実技試験になり、実技試験のために用具一式とモデルを用意しておきます。

もっと読む